OUTPUTが好きな理由

勉強法ってたくさんありますが、めんどくさい事が嫌いな子どもほど、ワークや問題集を解きたがります。

だって、色々考えなくてもいいから

「さて今日はどうやって勉強しよう?」なんて事から考えちゃう場合が多いみたいです。勉強方法が確立されていればそもそも「今日は?」なんて発想にはなりません。

それで、「よくわかんないからとりあえず問題集を解いてみるか!」って事になるのだと思います。

 

だって、勉強した気になるじゃん!

なるほど、確かに勉強した気になります。頑張ったって気になります。

勉強しようと思った時にあれこれ考えずに「勉強した気になれる」からみんなOUTPUTが大好きなんですね。

それなのに、模試での偏差値が上がらない、、、努力が報われない、、、。

ワークも問題集も模試も全部OUTPUTです。模試で良い成績を取りたいからアウトプットの訓練をするのは的外れではありません。

じゃあ何がいけないの?

「無い袖は振れぬ」ではないですが、元々インプットされていない解答はアウトプット出来ないという事です。

勉強ってそもそもインプットの事を言います。その成果を確認したり、勉強した事をちゃんと覚えているかどうか試したり、より鮮明に記憶に定着されるためにOUTPUTする事が大切になるのです。

ですから、先ずはきちんとインプットする「勉強」から始めなくてはダメなのですね。一番的を得た勉強方法が教科書を読む事なんですね。