どこで躓いたかをチェックできるような 問題集はとても有意義な問題集だと思います。

ただ、子どもというのは「いくつになっても純粋に子ども」で自分の苦手を探り、問題意識を持って、苦手撲滅に取り組む様な姿勢はありません。

目先の楽しい事が全てでそれ以外は自分から行動を起こしません。

どこで躓いたかわからないので、どこで躓いたかをチェックできるような 問題集は有意義ですが、この問題集は子どもに買って与えれば良いというわけでなく、親子そろって、苦手を見つけて、苦手克服のスケジュールを立てて、親はきちんとスケジュールの進捗を管理します。

  • ちゃんと出来たら大大袈裟に褒めて、
  • ちょと出来なかったら、次がんばろう!って具合で「叱ったりせずに」前向きに引っ張りましょう

以下の問題集はそういう風に子どもと親が協力して使ってみて下さいね。

中学数学のつまずきどころが7日間でやり直せる授業

新品価格
¥1,620から
(2018/7/15 12:05時点)

たったの10問で中学数学のつまずきやすいところがみるみるわかる (アスカビジネス)

新品価格
¥1,404から
(2018/7/15 12:05時点)

つまずき克服!数学学習法 (ちくまプリマー新書)

新品価格
¥842から
(2018/7/15 12:06時点)

すいすい解ける! 中学数学の文章題 驚異のサザンクロス方式

新品価格
¥1,188から
(2018/7/15 12:06時点)

つまずきやすいところが絶対つまずかない! 小学校6年間の計算の教え方

新品価格
¥1,404から
(2018/7/15 12:07時点)