英検4級の内容をおさらい

英検4級の合格レベル

 

英検4級の試験のレベルは実際に過去問を解いてみれば分かりますが、レベル的には中学2年生終了時の英語力で合格出来ると言われています。

試験の内容を以下にまとめてみたいと思います。

英検4級のスピーキングテストは任意です。なので、基本はリーディングとライティングの2技能だけで通常試験は終わりです。

ですが、上の級に行くと4技能試験(リーディング、リスニング、スピーキング、ライティング)が待っているので、ここで3技能(リーディング、リスニング、スピーキング)試験を受けておけば次に英検3級の挑戦にも勇気が持てます。

尚、4級(5級)の試験におけるスピーキングテストの位置づけは単体です。即ち、スピーキングテストの合否と英検4級(5級)の試験の合否には影響を及ぼさないという事なので、仮に任意で受けたスピーキングテストが不合格でも、2技能のスコアが合格であれば合格です。安心して下さい。

英検4級の勉強法はどの世代の方が受験するかによって個々の能力差が出てきますので一概には言えません。

ただ、勉強する内容は「旺文社のでる準パス単」などの英検4級問題集など使い英単語を覚える事と英熟語を覚える事を中心に学習すれば良いでしょう。

 

【旺文社 英検ネットドリル】