嫌いな教科(苦手な教科)はやる気が出ない!?

1.「わからなくてもいいからとにかく問題集を解こう!」
2.教科書をひたすら読め」

この手法は正しいです、ですが、本人の体の準備ができていない状態でこれを言っても駄目なんです。

爽やか男教師

そもそも大嫌いな事を無理してやるのにどれだけ大きなエネルギーが必要か考えてみましょう。(嫌いな教科(苦手な教科)はやる気が出ない?当たり前です)

よほど身体的にも精神的にも安定していないと、気持ちが萎えるのが当たり前です。頑張る為ににはストレスフリーな体と心が不可欠なんです。

高校受験で合格する為に有効な方法を使って食生活を整えてから苦手な教科にも取り組む様にしてくださいね。

 

以下は個人的な意見です。

爽やか女教師

大人だって嫌いな仕事はやる気が出なかったり気が乗りません。ですから中学生や高校生が受験のためだからという理由だけで、すんなりと勉強できるようになる方法なんてあるはずがありません。
「嫌いな教科だからやる気が出ない」というのは本当に事なんだけれども、本質はソコじゃなくて、「そういう気分の時は、体が苦手な教科の勉強を受け付けないからやる気がでない」って事なのです。